« ラジエータとパーツの汚れ | トップページ | Google Chrome β版 »

OUTLOOK 2007文字化け

今回 OUTLOOK 2007を使っていて 文字化けが発生しましたが原因を特定できました。

メールをやりとりすると こちらから返信されたものが 1回目の相手の受信では正常
相手から返信されると 文字化けになってしまう。
最初はエンコードミスかと思い デコード側(受信)で設定を変えてみても変化なし。
OUTLOOKは 様々なデコードができるメールソフトのはずが デコードできない。 

そのようなケースがあり 原因を探してみました。

私の場合はメール形式は テキスト形式で HTML方式ではない

注:以下は 修正 しました
設定を変えて原因を探したところ 結果は ツール オプション メール形式 インターネットメール形式 の □テキスト形式のメッセージを送信する際、添付ファイルをUUENCODEでエンコードするにチェックマークを入れることで 文字化けする現象が消えることはわかりました。 添付ファイルの有無に関係なく文字化けしてしまうのですが この設定は添付ファイルに関係することのはずで関係ないと思われますが ここにチェックマークを付けるだけで問題なくなります。 ただこのチェックを入れると 送信したメールを受信してヘッダーを見てみると JISではなくなってしまうようです。
私の パソコン固有のものなのか OUTLOOK 2007 固有のものなのか どうかは不明ですっきりしませんがこの設定以外では文字化けに変化がなく、とりあえず原因はわかったので良しとしました。

私の場合は HTMLのメールは送信しないため JIS(ISO-2022-JP)で無くなってしまうことが気に入らないので 他の設定をして解決
・ツール オプション メール形式 テキスト形式 を選択
・ツール オプション メール形式 インターネットメール形式 テキスト形式に変換を選択
・ツール オプション メール形式 インターネットメール形式 の □テキスト形式のメッセージを送信する際、添付 ファイルをUUENCODEでエンコードするにチェックマークを入れない
・ツール オプション メール形式 文字設定オプション □送信メッセージのエンコード方法を自動選択する に
 チェックマークを入れない
・送信メッセージで優先使用するエンコード方法   日本語(JIS) を選択 
・ツール オプション メール形式 文字設定オプション □送信するVcard メッセージのエンコード方法を自動
選択する にチェックマークを入れない
・送信するVcard で優先使用するエンコード方法  日本語(JIS) を選択
・mail to:プロトコルで UTF-8をサポートする にチャックマークを入れない

送信時のエンコードを日本語 JISに固定して解決
送信時の自動は 最近の環境に合わせるのでしょうけどもテキストしか使わない場合には向かないということでしょう。 

このブログを見ている皆さんも 自分の発信したメールが原因 または  どちらが原因がわからない 同様の文字化けで困ったときは 自分か相手の この箇所のメールソフトの設定を変えて 試して見ると解決するかも知れません。

関連
OUTLOOK2007の添付ファイルが古いOUTLOOKで見えない場合の対応

|

« ラジエータとパーツの汚れ | トップページ | Google Chrome β版 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジエータとパーツの汚れ | トップページ | Google Chrome β版 »