科学技術

放射線

震災で 福島原発の事故で 放射能 放射線 に悩まされている方 お見舞い申し上げます。
今回の事故は大事故になってしまっていますが 想定外なことが重なりました。

起こってしまったことは収束させるしかありません。 狭い日本ですから 科学的根拠を元に科学的な情報を元に自己防衛するしかありませんが しくみや 単位 健康被害になるレベル など自己防衛に必要なものは知っておくべきです。

震災後に出た本や報道は 不安を煽る情報が多いので 震災前に出た 理系の方が書いた 読み物としても面白い本を紹介

WAC 
本当は怖いだけじゃない 放射線の話


放射線の歴史や 全体を知りたい場合は 下記Webサイトにも基本的なことは書かれています。

社団法人 環境科学研究所
http://www.ies.or.jp/index.html
http://www.ies.or.jp/ri_online/index.html

雰囲気の放射線はモニタリングされて公開されています。 
http://atmc.jp/
文部科学省
http://www.mext.go.jp/
その他 

アメリカの援助や世界各国からの応援、義援金はほんと 日本が今までいろいろな援助をしてきたことのお返しでもありますね。 
野菜も水産物も地面も 今後モニタリングや サンプル解析によって明らかになってゆくと思います。


怖がるレベルは 避難地域以外では 減少方向です。
また ヨウ素に関しては 半減期は過ぎ 飛散量も減少方向です。

食用不可以外の 現在風評被害になっている地域の野菜 私は食べていますよ。
体に影響のある可能性のある 放射線計測値の表示単位は シーベルト です。 
影響が出る値にはしきい値があります。(上記サイトにも記載あり)

ただ 細胞が増え続けている 乳幼児のお子さんがいらっしゃる方は 特に飲み水に関しては
多く 放射性物質が飛散があった時期(建物の水素爆発の当時)からの放射線量(シーベルト表示)や水に含まれる放射性物質の分析結果(各地で公開)をみるなどして多少慎重になったほうが良いかも知れませんね。

この地震と津波を教訓に 他の方法への転換も含めて 国の安全監督機関  電力会社 メーカー には さらに安全なしくみで発電されるようになることを願いたいと感じました。

今年の夏は電力不足になりそうなので 東京電力のエリアでは 太陽電池なり 風力なり 水なり 燃料なりで 自分の家でも発電するのが望ましいのかも知れませんね。
ただ 水力などは規模が大きいと 届け出など が必要になりますから注意が必要です。

追記:丸善出版で 放射能関連書籍が 無償PDF公開開始されているようです。
知っているつもりでも もう一度基礎から読んでみるのも良いかも知れません。

今後のためにもし時間があるのなら 正確な正しい知識を得て将来こうなってほしいという具体的な方法や 理系の方ならば科学的に解決する方法を提案したりするほうが知性のある日本人らしいと思います。 

自分では良くわからないのに 正しくないかも知れないけれど聞いたからと だれかに伝えていることは 本当は余計なことだったり 時間の無駄以外の何者でもなくマイナス思考でしかないことがわかれば 伝えべきことは限られてくるのもわかります。
プラス思考で 今後どう改善すべきかを考えたり 提案したり 自分で知っておくのもためになると思います。

http://pub.maruzen.co.jp/index/kokai/

| | コメント (0)

あかつき (軌道投入開始) 

金星画像探査衛星 あかつき のニュースがありました。
エンジンで金星まで飛び 軌道に入る予定の7日 金星の陰に隠れて一時 通信が途絶えたようですが いよいよ 
自動で 逆噴射し減速など 金星に軌道に入るためのアプローチを開始したようです。
通信が途絶えたときは心配でしたがほっとしました。

このブログでは 著作を重んじていますので 引用しません。 
詳細はソース元 毎日新聞のWEBサイト JAXAのWEBサイトで見て下さい。関連リンクを貼ります。

毎日新聞 「あかつき:エンジン逆噴射を開始 金星軌道投入めざし」
http://mainichi.jp/select/science/news/20101207k0000e040005000c.html

なるほどどり
なぜ金星を探査するの?
http://mainichi.jp/select/wadai/naruhodori/news/20101207ddm003070114000c.html
毎日新聞
あかつき イカロス など 写真
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/2010akatsuki/
いつも 地球から一番明るく見えている星だけに 興味があります。 
今回は はやぶさ君の復活と成功の効果と 打ち上げからはやい時期なので興味を持つ方が増えると良いですね。
いくつものカメラを搭載している衛星なので 公開される画像も楽しみですね。

うまく 軌道に乗りますように がんばれ あかつき君

毎日新聞
キャラクター 
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/2010akatsuki/4.html

追記:毎日新聞 あかつき:「退避姿勢」で航行 金星軌道入り確認できず
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101208k0000m040115000c.html?inb=yt

姿勢の想定が自動運転以外のものに変える場合 衛星そのものの姿勢が変わると アンテナが本体の陰になったりで通信がうまく行かないこともあるでしょうし 電波の到達距離の限界に近いのと 通信の時間差の問題で数分あると
リアルタイムモニタリングはできないので大変ですね。  
組み合わせのコマがあるうちは希望を捨てないで頑張ってほしいですね。
通信しながら 遠隔モニタリングと組み合わせ 時間差を読んでの 予測トライで軌道に乗ることを願っています。

JAXA 特設サイト
金星探査機「あかつき」へのよくある質問
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/special/faq2_j.html

追記:12/8
あかつき 軌道投入失敗のニュースが 残念ですが トライは1回だけ いわば高速の合流のように 高速で移動しながらですからしかたありません。

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20101208k0000e040024000c.html

次に このまま太陽の軌道を回って 再トライできるのは6年後。
太陽に近い部分で熱に耐えられるか などの試練もあるようです。 でも これもまた世界初の実験になる。
一度は失敗しても まだ 終わっていない。
経過も忘れないで 時々 JAXAのWEBサイトを見に行きたいと思います。
とりあえず 頑張ったけれど駄目とのことで 6年後に期待ですね。 
劣化はしても人間のように成長しないので耐久性にかかっています。
あかつき失敗 これもまた実験で 失敗した費用がもったいない と考えないのが科学系の考え方。
同じロケット宇宙を飛び出した イカロス君(宇宙ヨット)は 順調に飛んでいます。

JAXA あかつき 特設サイト
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/index_j.html

最近 衛星が擬人化されていますが そういう意味では 衛星は だれかに支えられないと生きられないしコントロールできないんですよね。 プログラミングにしても 自動制御にしても人間が開発して指定しています。 

人間は 自分で考え 自主管理でき コツコツ 頑張っていれば成長します。 
ただ 脳は何もしないでいたら劣化(老化)あるのみ。
ですが 体は 食べて 新陳代謝していれば 故障しても軽いけがなら自然治癒します。
自分ができることを一生懸命やることが大事だなと感じます。

今回の話題では 衛星 あかつき のことを書いていますが これが 人間の7年後だとしたら かなり成長していますね。好きなことをコツコツやる。 (遅くても良いから 止まらない 必要以上に速い必要はあるのか? と常に考える)
失敗しても誠意をもってリカバリーをするなど 人間では当たり前のことを 普通にしていれば成長するものです。

あかつき君が また 6年後に 明るい話題で ニュースに出ることを願っています。
6年後 私たちは進化しているでしょうか?


 

| | コメント (0)

あかつき 

JAXAのロケットで打ち上げた 金星探査衛星 あかつき

順調に進行していて 12月7日に 軌道に入るようです。 忘れないようにメモを兼ねて書いておきます。

JAXAの特設サイト
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/index_j.html

軌道に入れば安定ですが そこまで心配ですね。

| | コメント (0)

はやぶさの成果 

衛星 はやぶさ の カプセルの微粒子を分析していた結果が出たようです。

毎日新聞 HP へリンク

はやぶさ 快挙 微粒子は小惑星「イトカワ」のものと確認
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/2010hyabusa/69.html

.はやぶさ:「人類に巨大な一歩」 
http://mainichi.jp/select/science/news/20101116k0000e040032000c.html

打ち上げ成功 
巡航  
資料収集(一部失敗あり 完璧ではなかったけれど結果はもってきた) 
帰還開始 
エンジントラブルを組み合わせ制御で回避 
最後に回転して地球を撮影 
本体は燃え尽きて カプセルのみオーストラリアに着地 

途中 失敗はあっても リカバリーして わずかでも 結果は出た ちゃんと成果も出してきている。
これが 初めてのトライなのですから 結果オーライですね。 

着地の時点では あまり興味を示さなかったマスコミの方たちも興味がわくでしょうね。
(私は 着地のあの日だけは 技術大国日本のマスコミらしくないと感じた)

私たちも 技術的な面や 精神面で 継続は力 あきらめないでリカバリーを考える 小さなものでも見逃さない ということは勉強になったと思います。 
それぞれの技術力の高さと それぞれの技術者の連携なくしてはできないことですね。
初めてのことは何も真似するものが無いので大変なことです。

今回のトラブルの改善など フィードバックをした 次期はやぶさに 期待したいですね。 

| | コメント (1)

イカロス君

5月21日 JAXAが打ち上げた 金星探査用 の 宇宙ヨット イカロス
ハヤブサ君の 弟分らしい (そういう想定になっているようです^^;)

ニュースによると 順調に金星に向かっているようです。 

毎日新聞 
イカロス:世界が注視「宇宙ヨット」 http://mainichi.jp/select/science/news/20100708k0000e040029000c.html

この方式も成功すると 無人でエコパワーでの飛行も制御も通信も含めて世界初ですね。
はやぶさ君の偉業に次ぐ 目的達成に向けて頑張って欲しいですね。

日本のテクノロジー まだまだ 底力ありますね。
こういう出来事やニュースは 子供 学生 ものづくりに興味のある方 ものづくりしている方 宇宙に興味のある方など 様々な方が 終了まで楽しみです。

話は変わって クルマの話  帰って来るころには クルマ関係も レビン トレノ が現役だった時代のような わくわくするような車種を出して欲しいものです。
クルマなどは 数多くの中から 選べるものなので 妥協して買うものではないと思います。
だからこそ 欲しくなる 興味のわくデータやテクノロジー +デザイン での わくわく度も 大変重要で あるていど長期で各メーカーで開発競争しながら良くなって行くことは必要じゃないのかなと感じます。

先日 私は 高速道路で新型プリウスを運転する機会がありました。
静かで速いですね。 エコ走行の感じはEP82やEP91スターレットの巡航の感じくらいのトルク感。
重い車体でその感じは立派。  
唯一寂しさを感じたのは 回転計(タコメータ)が無いこと。タコメータが無いのならトルクメーターを付けるなどできれば 興味がわく方は多いのではないのかと思ったりしました。 
今は エコ優先で売られているので仕方ないのかも知れませんが エコを維持しつつスポーツ側に多少振れれば欲しいと感じる方は多いのではないのかなと感じます。

乗ってみたプリウス リッターあたりの走行距離が30Kmを超えると燃料はほんと減らず びっくりしますね^^ 燃料が食わないのは 大変助かります。

ただし 欲しいな と思うクルマか どうかは 人それぞれです。 
スポーツタイプのクルマ乗りの方も 性能と デザイン 価格が 要望にマッチしたら ハイブリット車は選択肢の1つになるかも知れませんね。 

クルマなども テクノロジーだけでは売れないので大変でしょうけど まずは 何の技術にしても種をまくこと 続けることが重要だと思うのでテクノロジーが進化するのが国にとってはメリットになると感じます。 
すぐに結果は出なくても 日本が得意とする分野は コストと効率と結果優先で 仕分けちゃ駄目な分野かな と感じます。

  

| | コメント (2)

はやぶさ君 帰還

今日はJAXAが上げた 日本の衛星の はやぶさ が イトカワ のサンプルを持って 7年間飛行して地球に帰還した日

科学 宇宙 遠隔制御 エンジン 無線 に興味のある方ばかりでなく 日本人にとって誇れる話題ですね

前例が無い すごいことなのに なぜ TVでライブ中継しないのか日本のメデイアは不思議・・ 
ライブの感動はリアルタイムでしか味わえないのに。 
ネットは負荷で重くなりますがTVは負荷で重くならないですしね。(放送や無線のメリットはリアルタイム性と同時に多くの方に同じ条件で情報を伝えられること)

ネット上では見られるので 興味のある方は まだ間に合いますから はやぶさ君関連の リンクを まとめて 貼っておくことにします。 興味のある方は 一切 引用しませんので 各リンク先で見てください。

お疲れ様 おかえりなさい はやぶさ君  無事 カプセルが地上に届きますように。。
役目を果たした はやぶさ本体は 燃え尽きて 流れ星になるようです。 ロマンですね。
はやぶさ君に負けないようにしたいですね。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
注:リンクは外部サイトです。 URLで判断してください。 上 新しいもの 下 古いもの

毎日新聞社
7月 5日 
微粒子写真
http://mainichi.jp/photo/news/20100706k0000m040028000c.html

毎日新聞社

6月15日
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100615k0000m040019000c.html

http://mainichi.jp/select/wadai/graph/2010hyabusa/?inb=yt

http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20100615ddm003040097000c4.html?inb=yt?inb=yt

6月14日

カプセル着地を確認(回収は未)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000002-maip-soci

はやぶさ 最後の仕事 180度回転して撮影 成功! すごい
http://mainichi.jp/select/science/news/20100614k0000m040123000c.html

6月13日

USTREAM ライブ中継  
再生停止後 バーを03:00分に移動して再生してみる
http://www.ustream.tv/recorded/7634995

感動!
本体は燃え尽きますが あとは 無事 カプセルが回収できると良いですね。


和歌山大学宇宙教育研究所 はやぶさ帰還ライブ中継
http://www.wakayama-u.ac.jp/ifes/news/news20100613.html

USTREAM ライブ中継
22時30分~23時・・
http://www.ustream.tv/channel/hayabusa-back-to-the-earth?lang=ja_JP

JAXA
はやぶさ 地球へ カウントダウン
http://hayabusa.jaxa.jp/

07:51 カプセル分離成功のニュース。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100613-00000017-maip-sociカプセル燃え尽きませんように。
(自分を犠牲にしながら摩擦熱に耐える構造)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100609k0000e040021000c.html

JAXAのページでは ハワイのすばる望遠鏡
http://www.subarutelescope.org/j_index.html
ではやぶさの撮影成功と


http://mainichi.jp/select/wadai/naruhodori/news/20100613ddm010070014000c.html?inb=yt

etc
http://mainichi.jp/select/science/news/20100608ddm012040127000c.html
http://mainichi.jp/select/science/news/20100609ddm012040112000c.html
http://mainichi.jp/select/science/news/20100610ddm012040051000c.html
http://mainichi.jp/select/science/news/20100611ddm012040150000c.html

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100605k0000e040049000c.html

追記 2010-10
はやぶさ君の ゆるいキャラグッズ と 試料採取方法の説明
GIZMOD
http://www.gizmodo.jp/2010/09/post_7694.html

| | コメント (2)