アクセス数

検索ワード 

このページにWEBでの単語検索で来ている方の検索ワードです。

1 w210 故障 
2 outlook 起動しない 
3 電解コンデンサ 寿命
4 outlook2007 添付ファイル 
5 2ZZ-GE 
6 汎用エンジン 
7 ブルーバック 原因 
8 古い車 
9 刈払機 メンテナンス 
10 ラジエーター 洗浄 
11 スクーター 整備 
11 outlook 2007

パソコン使用上の不具合解消方法の検索とエンジンがかからないなどのメカ関係の故障の解決方法の検索が半々くらいです。

電解コンデンサーの液漏れについては 特定の時期の 特定のコンデンサーだけですが 知っておくべきなので公開をしています。

さらに古いものなどは 容量は抜けていたりしますが液漏れのような周囲をショートモード故障させるような不具合は出ません。 液漏れが多いコンデンサーがあった年代以降は改良され ほとんど液漏れは見受けません。

今後も ブログは たまにの書き込みになりますが 検索ワードの割合で 書く内容をを決めてゆきます。

| | コメント (0)

過去4ヶ月の検索ワード

過去 4ヶ月の検索ワードのです。

1 草刈機 修理 
2 outlook 起動しない 
3 刈払機 メンテナンス 
4 2ZZ-GE 
5 電解コンデンサ 寿命 
6 ブルーバック画面 
7 草刈り機 修理 
8 sj30 キャブ 
9 outlook2007 添付ファイル 
10 w210 故障 
10 スクーター 整備 
12 刈り払い機 メンテナンス 
13 エアマスセンサー 
14 ブルーバック 原因 
15 ラジエーター 洗浄 
16 エレクトロタップ 
17 Outlook 起動しない 
18 ロビンエンジン 修理 
18 2サイクルエンジン 修理 

このブログは 生活の日記ではないので 自慢や意見をできるだけ避けて アドバイス優先に なるべくお役立ちの内容を書いていますが サーチで来られているワードを見ると ここは 農機具屋さんかパソコン屋さんですね
^^; 

最近はパソコンなどはいろいろなお店があり便利になりましたが 覚える気持ちのある方は 自分でできる範囲でここで書くことがヒントになれば幸いです。 
手順やヒントさえ知れば 自分で簡単にできることなど みなさんが困っていそうなものがあれば書いてゆきます。
手順がわかることで時間をかけて覚えるとだれでもできること これは 技術力やノウハウではありません。
ノウハウは書いていませんので それぞれ考えてください。

ブログを書いて行く上では 重整備や大型の農機具などは真似されて1つのミスがあっても危険を伴いますのでそのようなものは 専門書や修理書で独学していただくか プロに任せるスタンスですのでメカ系は小さなものだけ書きます。

内容が他にすでにあり 書くまでもないことはWEBページや 参考になるブログ プロの方が書いているブログをリンクさせていただきます。

| | コメント (0)

過去4ヶ月の検索ワード

このブログへの 過去4ヶ月の検索ワード TOP10 です。

1 修理
2 エンジン
3 草刈機
4 ジムニー
5 起動しない
6 キャブ
7 outlook
8 刈払機
9 故障
10 メンテナンス

以上は ホームページやブックマーク以外の検索で来られた方が検索したワードです。

故障や 始動しない場合に検索で このブログを見つけて来られる方が多いようです。

ご自分で直そうと思っている方(手を油で汚してメカいじりをやる気のある方)に限り経験と趣味の範囲で ブログ、掲示板、メールで ネットを通じて協力しています。 

| | コメント (0)

検索で来られた方のアクセス数25

過去 4ヶ月の 検索ワードの25項目です。
車、草刈り機、汎用エンジン やパソコン で 止ったり 故障したりして検索で来られる方が多いようです。

1 修理
2 エンジン
3 キャブ
4 起動しない
5 コンデンサ
6 車
7 草刈機
8 スクーター
9 バイク
10 ジムニー
11 キャブ調整
12 故障
13 outlook
14 草刈り機
15 電解コンデンサ
16 交換
17 刈払機
18 メンテナンス
19 ブルーバック
20 調整
21 整備
22 パソコン
23 分解
24 農機具
25 ノートン
25 汎用エンジン

現在は仕事が多忙ですが また 機会がありましたら 
身近なものや 手伝いをした 修理などトラブルシュートねたを書いてみます。

| | コメント (0)

検索ワード

この ブログの 過去4ヶ月の検索ワード 10位までです。
メールソフトが起動できなくて困っている方がいるようです。
お役に立って治っていれば良いのですが。

1 outlook 起動しない 
2 電解コンデンサ 寿命 
3 古い車 
4 エレクトロタップ 
5 エアマスセンサー 
6 汎用エンジン 
7 2ZZ-GE 
8 ロビンエンジン 修理 
9 スクーター 整備 
10 車 錆止め 

アクセス数は1日 平均150前後です

4月に入って 刈払い機の検索が増えています。 
そろそろ草刈りのシーズンですから^^ 
私も 刈り払い機の修理をしてほしいとご近所からも言われていますが エンジン直しは仕事ではないので
休日にしか直せないため時間の制約がないならいいですよと話しています。
いそぐ方は自分でやるか 農機具屋さんに依頼するようです。

刈払い機はほとんどが プラグの絶縁不良(カーボン堆積)か キャブの詰まりです。
・プラグは予備を持ってさえいれば解決します。 汚れたものもキャブクリーナーをためた液につけておき 
 洗ってから液をとばしたあとバーナーなどで焼けばカーボンは落ちますから次の予備に使えます。
・キャブの掃除は しくみを知っておき
 面倒くさがらずに 自分でできるように覚えておくと良いです。
 構造図は 今ではネット上にも数多くあります。 構造は物理的に考えればわかります。
 要は一定のレベルに液をためておける機構付きの霧吹きです。 
 液面がくるったり 穴がつまると霧が想定のとおり吹けないだけのこと。

私たちの年代は 2サイクル 4サイクルエンジンのしくみと組み立ては中学校の技術の教科で覚えました。
教材は汎用エンジンでしたが 他の単気筒エンジンでも基本はそのまま同じです。  
私なども 今になっても おさらいの意味で分解して掃除したりしています。
メカの技術系のことは 手を油で汚しながら頭と体で覚えるものだと思いますし やめるとノウハウは一気に減衰するのかなと感じています。

趣味の時間がなかなか作れないので 作れましたらまた 古い小型エンジン直しの趣味ねたを書きます。

| | コメント (0)

謹賀新年

2008年 本年も宜しくお願いいたします。

2007年は 多忙のため趣味の車いじりが出来ませんでしたが 2008年はやらないと乗れなくなってしまうので
休日や帰宅後にできるメンテナンスから実施したいと考えています。

昨年 4ヶ月間の検索ワードの順です。

1 電解コンデンサ 寿命 
2 エアマスセンサー 
3 2ZZ-GE 
4 汎用エンジン 
5 古い車 
6 スクーター 整備 
7 ロビンエンジン 修理 
8 錆チェンジャー 
9 草刈り機 修理 
10 草刈機 エンジン かからない 
11 車 錆止め 
12 フルトラとは 

こうして見ると 長い間に不調になる部品や 小さなエンジンの不調 古い車 錆
など で困っている方が多いようです。

| | コメント (0)

11月までの 検索ワード

ここを見に来ていただいている方が検索した 過去4ヶ月の検索ワードです。
多い順で

1 電解コンデンサ 寿命
2 エアマスセンサー 
3 2ZZ-GE 
4 草刈り機 修理
5 汎用エンジン 
5 車のエアコンが効かない 
7 草刈機 エンジン かからない 
8 スクーター 整備 
8 古い車 
10 刈り払い機 修理 
11 草刈機 修理 
12 錆チェンジャー 
13 ロビンエンジン 修理 
14 草刈り機 エンジン 
15 ホルツ サビチェンジャー 
16 フルトラとは 

今回もAE系はありませんね^_^;;
AE系は年式も古くなりましたし 時代の流れでしょうか。
あとは ブックマークで来ているので検索ではないからですね。

生き物とも言える電解コンデンサのトラブルを気にしている方や
エンジンが調子悪くて困っている方は多そうです。
古いエンジンだとパーツ供給が止まってしまっていて 一般車のように中古エンジンが簡単に見つかるわけではないので 全く動かなくなると困りますからね。

また 時間ができたら汎用エンジンねたでも書きますね。

| | コメント (0)

過去4ヶ月のアクセス数(8月)

ブックマーク以外で 検索 でここに来られた方は 2ZZ-GE 以外では 故障で困っている場合が多いようです。 
2ZZ-GEについては 次期 愛車のエンジンの検討などでしょうか。

1 2ZZ-GE 
2 草刈機 エンジン かからない 
2 エアマスセンサー 
4 汎用エンジン 
5 スクーター 整備 
6 電解コンデンサ 寿命 
6 草刈り機 修理 
8 車のエアコンが効かない 
9 ロビンエンジン 修理 

草刈り機(刈払い機)は ほんとかからないと困りますからね。
暑い日に かからないとほんとうに大変です。(ストレスもたまりますし)
きちんとメンテナンスできていれば何事もなく普通にかかります。
私も 単気筒のエンジンのメカニズムを覚えたのは 中学校の時代 2スト 4スト 両方のメカの基礎を学習したのをきっかけに 専門書をとにかく読みました。
エンジンがかからない条件 さえ 頭に入れておけば かからないエンジンはすぐに治せます。
逆に言えば エンジンがかかる条件を知っていること が最初で どうすればメンテナンスで新品エンジンに近くでき かからないときはどうするか を覚えるのが順番です。
エンジンのしくみは 今では古くからの多くのデータがあり全体を見ると混乱しますが 
基本動作は4サイクルエンジンの場合は 吸気 圧縮 燃焼 排気 のたった4つしかありません。 
気筒が増えると 角度タイミングの条件が増えるだけなので 単気筒のエンジンでまず基礎を覚えるのが一番
簡単です。  多気筒は単気筒のエンジンが タイミングがずれてただ並列接続でつながっているだけです。

今年は 私も 原点に返って単気筒汎用エンジンのメンテナンスもしたいのですが仕事が多忙でなかなかできません。 空き次第行う予定でいます。

困ったときには このブログのコメントか 質問掲示板で質問していただければ回答できる場合があります。
(私がわかる範囲でよければですが^^;;)

| | コメント (0)

検索ワード 2007-4 ~ 2007-7

My Car Life に来ていただいている方の 検索ワードのランキングです。

1 2ZZ-GE  126 1.5%
2 草刈機 エンジン かからない   70 0.8%
3 汎用エンジン  65 0.8%
4 スクーター 整備  62 0.7%
5 2zz-ge  58 0.7%
6 草刈り機 修理  55 0.6%
7 エアマスセンサー  54 0.6%
8 電解コンデンサ 寿命  53 0.6%
9 vista ブルーバック  37 0.4%
10 ロビンエンジン 修理  35 0.4%
11 フルトラとは  25 0.3%
12 草刈り機 エンジン  24 0.3%
12 車のエアコンが効かない  24 0.3%

汎用エンジンや 農機具エンジンの情報を求めている方が多いようです。

相変わらずですが AEの検索がありません^^ 
古い車を乗り続けている方が減ってきているということでしょうか。

| | コメント (0)

検索ランキング(複合ワード)

過去4ヶ月のMy Car Lifeを見ていただいている方の検索複合ワードです。

1 汎用エンジン  G Y M 64 0.9%
2 エアマスセンサー  G Y M 58 0.9%
3 電解コンデンサ 寿命  G Y M 48 0.7%
4 スクーター 整備  G Y M 42 0.6%
5 ロビンエンジン  G Y M 35 0.5%
6 w210 整備  G Y M 34 0.5%
7 ロビンエンジン 修理  G Y M 32 0.5%
8 2ZZ-GE  G Y M 28 0.4%
9 フルトラとは  G Y M 23 0.3%
10 ジムニー 2スト  G Y M 18 0.3%
10 パソコン コンデンサ  G Y M 18 0.3%
12 草刈機 エンジン かからない  G Y M 17 0.3%
12 スクーター整備  G Y M 17 0.3%

AE系の検索がありません^^;; 
汎用エンジンや 他のエンジンで エンジンそのものが調子悪い かかりにくい などで検索で来る方も多いようです。4A-GEは不具合はかなり少ないほうかも知れません。(5バルブについてはスロットル洗浄をしていれば。)

どのエンジンもエンジンのメカは修理書通りの数値で組みエンジン及びセンサーの取り付け位置など、各部の調整はアナログ量で調整をします。(主に隙間調整と回転角度位置調整) これらの 調整値や許容値の多くはメーカーが出している修理書にすべて記載がされています。 
修理書が無いため考えながらいろいろやっている方はそのエンジンの修理書を何とか入手するか 見せてもらう方法を考えてみてください。
メーカー公開の数値が見られるということは ただやみくもにいじるのとは、効率的にも正確さでも雲泥の差です。

修理やオーバーホールに加えて チューニング(調整)を加えようとすると
アナログ量の調整は緻密な考え方ができるかできないかでまるっきり仕上がりが異なります。
これくらいでいいか的な方は曖昧な結果になりますし 上限、下限を知ってその間の安定した位置を理解できて調整ができれば長年使っても安定して動作します。
デジタル=正確 アナログ=曖昧 ではありません。 むしろ 分解能が存在したり補間で補わなければならないデジタルよりも最小単位が無限なアナログのほうが良い部分も多くあります。
最近では何の影響か デジタルか アナログか を単純に2極で考える方が多いですが大きな間違いです。
私はアナログだからデジタル機器を持たないなどと言っている方も居ますが 物理的に考えると何を言っているのかさっぱりわかりません^^;;余談でした

さて エンジンを治す際に、特にキャブのセッテイングやポイント式のエンジンなどでは掃除や調整の仕方が大きな性能差となってはね返ります。
最近では フルコンやE-MANEGE アルテイメイトなどがあり 設定は簡単にできます。
E-MANEGE アルテイメイトなどは 純正ECUは生かしたままの制御なので元に戻すためにも便利です。
ですが その前にメカは 汚れたり異常摩耗が無く、正確な数値で動いていることが重要です。
デジタル化されると最も単純で失敗しやすい問題は「数値」です。 この場合、設定はパソコンの操作さえできればだれでも数値を入れられます。 
しかし 制御はデジタル化されても基本はアナログ量なのです。
自動のモードがあるものは学習がカバーしてくれる場合がありますが 万能ではありません。
さらに詰めてゆくと 今までの通り センサーの動作 相乗効果や差動、数値演算の原理を理解していないとうまく合わないケースも多くあります。
いわゆる純正の制御と比べると「何だかなー」という状態。 
いくらいじっても 純正のようにオールマイテイにはならず純正に戻す方も結構います。
純正の制御のような詳細なセッテイングにはデータロガーと計測器がいります。
純正のように良い妥協が出来るまでは構造と働きを頭で理解してから調整をするなど経験を積むしかないのですが、中には時間に任せて経験だけで時間をかける方も居ます。結果は同じになる場合もありますが 効率が非常に悪いのと なぜそうなったのかを説明できないもの。。

自分で 理解できていないかなと思ったら どの課程でも良いので あるていど経験を積んだら基礎をもう一度見直すと良いと思います。これは プロ アマチュア(趣味人) 一緒だと思います。
プロなら、整備で手を加えた後の安定性と100点満点以上を要求されるのは当たり前なのでその分大変です。
アマチュアの方なども、わかる方に詳細に聞ける環境があれば一番良いのですがなかなかそうも行きません。
無理ならプロに依頼することも重要です。

私も経験値は高くなってきましたが、何度か基礎に戻って原理を再確認したりしていますが 今 一番前に戻って(中学生時代くらいの時期でしょうか)基礎を見直しています。
1気筒の中古の汎用エンジンをきちんと廻すことをしようとしています。
このエンジンはただ回転させて動力を伝えるだけで道を走るものでもないので制御まで含めての
復習をする予定です。1気筒エンジンのO/Hと制御の経過はここで書く予定です。
あくまでも趣味のエンジンいじりですのでいつになるかわかりませんが^^;;

| | コメント (0)